合志市栄のパソコン教室 SAKAEPC

ものづくりサポートCAD講座

SketchUp 8 でアニメーション作成

人体を扱う 3・・・表情を創る 「makehuman」と連携2

[進む↓]


「makehuman-1.1.1」で「Expressions(表情)」を変化させて作成した「daeファイル」を「SketchUp 8」で編集加工

 GIFアニメで動かしてみました。 …(=^x^;=)

「頭部」のみを詳細に描いた↓「daeファイル[None.dae]」をインポート

「ジオメトリー[目,髪,歯,トポロジー,まゆ,まつ毛,舌]」、「ポーズ/アニメーション[Pose,Expressions]」、全て[None]

「隠しジオメトリ」表示、分解(応答なし!?…当方の環境ではかなりの時間が=^x^;=)

「消しゴム」で分断
 「X線」表示にしています。

下の部分をトリプルクリックで全(43701個のエンティティ)選択して[削除(Delete)]

 穴が開いていて気になるところ(目元、口元)は、「エッジ」を[線]でなぞってふさいでいます。
図は、口元

 表裏が逆の面が作成されるときは、線を引く順序を変えると回避できます。

全体を肌色で[ペイント]

 唇を塗り分けています。

 図では、塗れていないように見える部分を「エンティティ情報」で確認しています。

 肌色と識別が容易なように、口紅?を塗りましょう。

個別に色を変更する


「マテリアル」→当該色を[編集]、スライダーを動かしてRGB値を変更


[戻る↑][進む↓]

全てのエッジを一括して非表示にする

「隠しジオメトリ」は表示のまま、「スタイル」の「エッジ」と「外形線」のチェックを一旦外す
ここでは、[Ctrl]+[A]で全選択→「面」のみが選択される

「エッジ」と「外形線」にチェック、「隠しジオメトリ」表示状態
 「スタイル[編集]」の内容は、アニメ「テク太郎と仲間たち」仕様です。
[Shift]キーを押しながら[選択]→範囲内の選択状態が反転

 「エッジ(外形線を含む)」のみが選択されています。

 対象の上で右クリックすると、[表示]ボタンが見えます(表示/非表示が混在しているため)。
[表示]ボタンをクリック→続けて右クリックすると[非表示]ボタンになるのでクリック

 選択された「(11427個の)エッジ」が、「非表示」になりました。

エッジをソフトニング/スムージング
 仕様が分からぬままチェックを入れて、スライダーを目一杯上げています(=^x^;=)。

新規レイヤ「None」に「レイヤ間移動」
 レイヤ名は「makehuman-1.1.1」の「Expression」にある、サンプル名に準じています。

 ノーメイク?で表情も「None」な「頭部(目玉も無し!)」が仕上がりました。


[戻る↑][進む↓]

「makehuman-1.1.1」で作成した顔のパーツ(歯,まゆ,まつ毛)の「daeファイル」をレイヤ「None」に「インポート」

先に描いた「頭部」と重ならぬよう、[移動]して[分解]

 「まつ毛」の周りを[消しゴム]でドラッグして、「体」と分断します。

トリプルクリック(「接続するものすべて」を選択、「まゆ」と「歯」は選択されない)で残りの「体」を[選択]して[削除]

 「顔のパーツ」を取り出しました。「顔」に合わせて、「エッジ(外形線)」を全て「非表示」にします。
「隠しジオメトリ」は表示のまま、「スタイル」の「エッジ」と「外形線」のチェックを一旦外す

図では「まゆ」と「まつ毛」をまとめて、「面」のみ選択

「スタイル[編集]」の「エッジ」と「外形線」にチェック、[Shift]キーを押しながら[選択]→範囲内の選択状態が反転

 「エッジ(外形線を含む)」のみが選択されています。

対象の上で右クリック、[表示]ボタンをクリック→続けて右クリックすると[非表示]ボタンになるのでクリック

 選択された「(824個の)エッジ」が、「非表示」になりました。

「グループを作成」して[ペイント]
 「まゆとまつ毛」を半透明色にしてみました。「歯」は穴が開いていますがそのままで、口腔内全てを白にしています。

「顔」の元の位置へ[移動]


[戻る↑][進む↓]

「makehuman-1.1.1」で作成した顔のパーツ(眼球)の「daeファイル」→[female25.dae]を「インポート」
 「眼球」を共用するため「Layer0」に書込みます。

先に描いた「頭部」と重ならぬよう、[移動]して[分解]

対象の上で右クリック→[選択]→[接続するものすべて(トリプルクリックに同じ)]→[Delete]

 「眼球」が残ります。

グループ化(内側の部品?は削除)して着色

瞳を塗り分け

「エッジ(外形線)を非表示」、「エッジをソフトニング」←「全てのエッジを一括して非表示にする

「顔」の元の位置へ[移動]

 「None」な表情?が出来上がりました。
名前を付けて保存→[00None.skp


[戻る↑][進む↓]

 引き続き「makehuman」と連携しながら他の「Expressions(表情)」を描きましょう。

 容量が大きくなるので、「表情」ごとのファイルに分けて進めています。
図は「Anger01」
 密に描いた「頭部」に粗く描いた「まゆ、まつ毛、…」などを描き加えるという手順を繰り返しますが、
ここでは「頭部(顔)」に含まれる「口(唇と口腔)」の塗り分けの手法を解説しています。

「唇」を「顔」と別色でループ状に縁取る→塗った色の上で右クリック→
「選択[同一マテリアルのものすべて(選択したエンティティと同じマテリアルを使用しているすべてのものを選択)]」
→「グループを作成」

 ループ状の縁取りで「顔」と「口」が分断されました。
口の中を「トリプルクリック(接続するものすべて選択)」→「唇色」で「ペイント」
 グループを「分解」しておきましょう(分断解除 =^x^=)。

 図では説明のためグループを移動してよけていますが、実際の作業ではその必要はありません。

 完成したファイルを「マイドライブ - Google ドライブ」に置いています。
「Expressions(表情)」32種

 各画像の上にポインタを置くと、SketchUp モデル (.skp) の名前とサイズが表示されます。
クリックしてダウンロード

 ページ先頭の「GIFアニメ」の元図(None+32種/2)もアップロードしています。
Expressions1.skp 75.1 MB]、[Expressions2.skp 44.8 MB

[戻る↑]


合志市栄のパソコン教室 SAKAEPC ものづくりサポートCAD講座 [目次へ] [←前へ][工事中]
inserted by FC2 system