合志市栄のパソコン教室 SAKAEPC

ものづくりサポートCAD講座

SketchUp 8 の練習

文字・・・3D_CADで文字を扱う

[進む↓]


 ここでは、テキストと寸法を描き加えましょう。


 図は第三角法による三面図を表しています。

 下図を SketchUp 8 でトレースした「ThirdAngleProjection.skp」を開いてください。「アニメーション」が設定してあります。

[戻る↑][進む↓]


表題と注釈を記入

■ テキスト
 表題を記入します。
[[テキスト]テキスト ラベルを描画]をクリック→画面上の任意の位置でクリック

 日本語入力をONにして、「第三角法による三面図」と入力(確定)しています。
他の位置でクリックして入力解除
 日本語入力OFFで、ショートカットが使えるようになります。

■ 移動、■ エンティティ情報
「テキスト」をクリックして「移動」、右クリック→[エンティティ情報]→「テキスト」の色やフォントを編集

■ テキスト
 注釈を記入します。
図形の上でクリック→ポインタを移動→表示したい位置でクリック→入力待ち状態
 「面上」をクリックしたので面積が表示されています。

更にクリックして確定(入力解除)

[戻る↑][進む↓]


図形に文字を描く

■ 「隠しジオメトリ」を表示、■ [メジャー]ツール
基準とする線から15mmの位置にガイドラインを引く

■ 3Dテキスト
[[3Dテキスト]3Dテキストを描画]をクリック→「3Dテキストを配置」で図のように設定
 「位置揃え[中心]」、「押し出し[0]」としています。

[配置]→ポインタで基準となる線をなぞり、「中点」にスナップさせてガイドラインの「線上」でクリック

 文字(図形)の外形線を非表示にします。
■ 選択、■ 非表示
対象をダブルクリック→対象を全選択(コンポーネント編集状態)
[Shift]キーを押しながら面の部分をクリック→選択解除、選択状態の線の上で右クリック→非表示

 作業が終わったらコンポーネントを閉じてください。

■ ペイント
色を選び、文字(図形)の面(表示状態)をクリック→コンポーネント単位で適用される

 残りの二面も同様の作業を行いましょう。
■ 保存
 ここでいったん上書き保存すると…!!漢字の一部が欠損しています…??

[戻る↑][進む↓]


問題の回避

■ 元に戻す、■ 問題を修正
 [元に戻す]で保存前の状態にします。
[モデル情報]→「統計[問題を修正]」→「有効性チェック」修正完了

 アウトラインが閉じていないため、面が作成できないようです。

 書体によって結果が違います。

 コンポーネント単位で消去(Delete)し、3Dテキストの設定を変更(押し出し 20mm)して新たに描きます。

 「押し出し」分を消去します。
■ コンポーネントを編集
対象を選択して右クリック→「コンポーネントを編集」→(交差)選択→消去(Delete)

 「平面図」で作業しています。

■ 有効性チェック

「有効性チェックの結果」→「問題は見つかりませんでした」

[戻る↑][進む↓]


寸法の記入

 先に記入した注釈(面積)は不要です。ここでは削除せず、移動と変更の練習をしましょう。
■ テキスト
矢印の先端をクリック→先端の移動

(1)矢印の移動先でクリック、(2)テキストをクリック→移動先でクリック

■ エンティティ情報
対象を選択して右クリック→「エンティティ情報」から「テキスト:[*****]」、「引き出し線:[ビューベース]」に変更

 正面図に幅寸法を記入しましょう。
■ 寸法
(1)寸法の一端をクリック、(2)もう一端をクリック、(3)寸法を配置する位置でクリック

 「配置」では、矢印の先端以外はスナップしない?…ようです。

 ここでは、図のように記入しています。

文字の使用例

[戻る↑]


合志市栄のパソコン教室 SAKAEPC ものづくりサポートCAD講座 [目次へ] [←前へ][次へ→]
inserted by FC2 system