合志市栄のパソコン教室 SAKAEPC

ものづくりサポートCAD講座

3D組立図の作成・・・アクリルロボット 足部の組み立て

[進む↓]

三角リンクASSY

前ページからの続き 参照図「8003A-0200-00

 「足用軸受」と「対辺4.0ナイロンナット」を配置します。
(1) 単品図「8003A-0002-00.skp」を開き図形をコピー (2) 貼り付け

(3) [Open(開く)]から、ナイロンナットの単品図「8000-0001_2-00.skp」を開く

同様に配置

 続いて「移動」コマンドが実行されます。移動の基準点を上面の中心としましょう。

ポインタを穴の周辺から中心付近へ持っていき、「Center in Group(中央 グループ内)」と表示される(推定機能)点でクリック

ポインタ(基準点)を移動して、相手の穴の底の中心、「Center in Group(中央 グループ内)」でクリック

 図では、移動先が見やすいようにX線表示にしています。

■ 反転

 「移動」コマンド実行中に軸受部品の上下を反転します。
対象を右クリック→「Flip Along(反転方向)」→「Group's Blue(グループの青)」

引き続き「移動」を行う

ポインタを穴の周辺から中心付近へ持っていき、「Center in Group(中央 グループ内)」と表示される(推定機能)点でクリック

 図では、X線表示を解除しています。

ポインタ(基準点)を移動して、相手の穴の中心、「Center in Group(中央 グループ内)」でクリック

フランジ厚分(0.5mm)上へ移動  足用軸受単品図参照

■ 「移動、コピー(配列)」

 左右の穴の中間に一旦コピーしましょう。 三角リンク単品図参照
選択(移動)状態→任意の位置をクリック→[Ctrl]キーを一度押す(コピー)→ポインタを移動(赤い軸上)→値を(35.75)入力

続けて *2 と入力

 等間隔で連続複写されます。

対象をクリック(アクティブにして)→「緑の軸上」で35mm移動

■ 「回転(移動)」

 90°起こします。[Spece]キーを押して一旦選択コマンドにしましょう。
[Ctrl]+[A]全選択→[Shift]キーを押しながらビスをクリックして選択解除

[Rotate(回転)]ON

 図では「原点」を見やすくするためにX線表示にしています。

画面を十分に拡大してポインタ(回転用分度器)を移動
(1) 「Origin(原点)」と表示される点から「赤い軸」方向へドラッグ→回転の中心が決まり、軸が「赤い軸」方向に固定される

(2) ポインタを移動して、「緑の軸上」と表示される位置でクリック→回転の基準線指定
(3) ポインタを移動して、「青い軸上」と表示される位置でクリック→回転の角度(90°)指定

■ 移動

 ビスを穴に差し込みます。
[Move(移動)]ON [Esc]キーを押して選択解除

移動の基準点として図の点をクリック

 マウスによる画面操作を行ってください。他の点や線が重ならない角度にするとスナップが容易になります。

移動先の点として図の点をクリック

 ポインタで穴の円周をなぞると、推定機能が働きスナップしやすくなります。

[Ctrl]+[A]全選択→対象の上で右クリック→ポップアップメニューから「Make Group(グループを作成)」をクリック
X線解除、等角図、全体表示して上書き保存→「8003A-0200-00.skp

[戻る↑][進む↓]

クランクA,B12,15 ASSY

前ページからの続き 参照図「8003A-0004_5-00」、「8003A-04_5_600-00

■ 選択(範囲選択)

選択(ショートカット[Spece])、左から右方向へドラッグ→実線枠内に収まる図形を選択

■ 回転

 選択した図形を90°起こします。
[Rotate(回転)]ON ショートカット[Q]
回転軸を「赤い軸」にするために、ポインタをナットの右側面に持っていく

[Shift]キーを押しながらポインタ(回転用分度器)を移動→回転軸方向(分度器の色:赤)を維持

「赤い軸」上でクリック→回転の中心が決まり、軸が「赤い軸」方向に固定される

ポインタを移動して、「緑の軸上」と表示される位置でクリック→回転の基準線指定

ポインタを移動して、「青い軸上」と表示される位置でクリック→回転の角度(90°)指定

■ 反転

 ナットの向きを反転します。
対象を右クリック→「Flip Along(反転方向)」→「Group's Green(グループの緑)」をクリック

■ 移動


ナットの接触側の中央をクリック
スプリングワッシャの接触側の中央へ持っていき、「Center in Group(中央 グループ内)」と表示される点でクリック

一旦「選択」コマンドに切り替え、[Ctrl]キーを押しながらクリックして移動対象を増やす
図では範囲をドラッグし直して選択している

「移動」コマンド(ショートカット[M])に戻り、スプリングワッシャの手前の中央をクリック(推定機能が働くよう視点を変える)

クランクの接触側の穴の中央へ持っていきクリック
 図はX線表示にしています。

[Esc]キーを押して、選択解除

ビスの接触面の中央をクリック

クランクの手前の穴の中央へ持っていきクリック

ワッシャの接触側の中央をクリック

ナットの接触側の中央へ持っていきクリック

ワッシャをクリックして再度選択状態にする→「緑の軸上」方向へ移動→値(0.1)を入力

 ワッシャはスペーサーとして使用し、0.1のアソビをもたせています。

■ 「移動、コピー」

選択(ショートカット[Spece])→小ネジ一式を範囲選択(左から右へドラッグ)

移動(ショートカット[M])→コピー([Ctrl]キーを一度押す)→ポインタを移動(「赤い軸上」)→値(10)を入力

[Esc]キーを押して選択解除

■ 「[メジャー]ツール」距離を測定

 ビスの長さ(首下寸法)を確認しましょう。

値(9.80mm)が確認できたら[Spece]キーを押して、選択コマンドに切り替える→測定解除

 オネジの実長は、呼び寸法より短くなっています(ここでは-0.2mm)。ダウンロードした10mmを基に他の長さのビスを作図しましょう。

■ グループを編集

ビスの上で右クリック→「Edit Group(グループを編集)」をクリック

ビスの先端部を範囲選択

移動ツールに切り替え(ショートカット[M])、5mm伸ばす(呼び寸法15mm)

画面上で右クリック→「Close Group(グループを閉じる)」をクリック

 同様に、もう一方のビスの首下を伸ばしましょう。

2mm伸ばす(呼び寸法12mm)

■ 「移動、コピー」

 クランクBを、10mm横にコピーします。
対象をクリック(選択)→[Ctrl]を一度押し「コピーON」→ポインタを「赤い軸上」方向へ移動

値10を入力

 同様に、小ネジ一式を、20mm横にコピー(クランクBに重ねる)しましょう。

■ グループを作成

選択(交差選択)して右クリック→ポップアップメニューから「Make Group(グループを作成)」

 三つのグループを作成します。

視点を図のようにするには(1) 「Top(平面図)」をクリック、「Iso(等角図)」をクリック (2) 「Zoom Extents(全体表示)」をクリック
(3) 上書き保存→「8003A-04_5_600-00.skp

[戻る↑][進む↓]

ボディ側板ASSY

参照図「8003A-0300-01

■ コピー&ペースト

(1) コピー元の図形をアクティブにして[Copy]をクリック
(2) 貼り付け先の「8003A-0009-01.skp」をアクティブにして[Paste]をクリック

同様に「8000-0001_2-00.skp」から「対辺4.0ナイロンナット」、「8003A-0006_7_8.skp」から「動力軸用スペーサーA,B」を配置

■ 回転

四つの図形を選択して、[Rotate(回転)]ON ショートカット[Q]
分度器が緑で表示される点でクリック

ポインタを移動し、「青い軸上」でクリック

ポインタを移動し、「赤い軸上」でクリック

■ 「移動、コピー」

[Move(移動)]ON ショートカット[M] [Esc]キーを押して選択解除
(1) 動力軸用スペーサーAを移動 (2) コピー (3) コピーして反転(右クリック→反転方向→グループの青) (4) コピー
 図ではX線表示で作業を行っています。

(5) 動力軸用スペーサーBを移動 (6) コピー

■ 回転

クランクASSYを選択して、平面図上で90°右回転させる

■ 移動

クランクの軸芯をスペーサーの芯と合わせる
 推定機能が働くよう十分に拡大して、視点を調整しながら接触面の中心を探します。

ビスの長さの違いに注意

 図では次の操作のために二つを選択しています。

 クランクはスペーサーと0.2mmのガタがあるよう取り付けられます。[メジャー]ツールで図の寸法を測定して確認しましょう。

 隙間が均等になるよう移動します。

ナイロンナットを移動、コピーで配置
 小ネジ一式が必要なのでクランクASSYを一旦コピーします

■ 分解


分解後、小ネジ一式を残しクランクを消去

小ネジ一式を配置
クランクの取り付けネジとしてビスとナイロンナットをコピー(ビスは反転もしくは180°回転)
ビスをコピーして首下を20mmに伸ばし(グループを編集)、二ヶ所に配置

 「8003A-0300-01.skp」と名前を付けて保存しています。

[戻る↑][進む↓]

足部ASSY

参照図「8003A-0900R_L-00

■ コピー&ペースト

(1) コピー元「8003A-04_5_600-00.skp」の図形をアクティブにして[Copy]をクリック (2) 貼り付け先をアクティブにして[Paste]をクリック

■ 回転 ■ 移動

クランクASSYを図のように配置(90°回転、面を揃える)

 図では説明のためにガイドラインを引いています。

■ コピー&ペースト

8003A-0100RL-00.skp」から「足ASSY」を配置

■ 回転 ■ 移動 ■ グループを編集(反転)

図の位置に配置
「足ASSY」グループの「足用軸受」を「Flip Along(反転方向)、Group's Blue(グループの青)」で反転

ワッシャとナイロンナットをコピー、配置

 ワッシャごとに0.2mmのアソビをもたせています。

■ 回転

 クランクの角度に合わせて足を回転します。「足」参照

「中央」をクリック、「端点」をクリック→回転の基準線指定

「青い軸上」でクリック→回転の位置(角度)指定

■ コピー&ペースト

8003A-0200-00.skp」から「三角リンクASSY」を配置

■ 回転 ■ 移動

図の位置に配置

■ コピー(複数)


ワッシャ、ナイロンナットの2点一式を配置

ワッシャ、足ASSY、ワッシャ、ナイロンナットの4点一式を配置

4点一式を軸芯に配置後、0.5mm移動
 ワッシャごとに0.2mmのアソビをもたせています。

■ 回転

 クランクの角度に合わせて足を回転します。

「中央」をクリック、「端点」をクリック→回転の基準線指定

「青い軸上」でクリック→回転の位置(角度)指定

■ コピー(複数)

ワッシャ、足ASSY、ワッシャ、ナイロンナットの4点一式を配置

■ Paint Bucket(ペイント)

「Materials(マテリアル)」の「Select(選択)」から「In Model(モデル内)」のアクリル色を選択

「三角リンクASSY」のアクリル板を着色

「ボディ側板」を着色

 「8003A-0900R_L-00.skp」と名前を付けて保存しています。

[戻る↑]

合志市栄のパソコン教室 SAKAEPC ものづくりサポートCAD講座 [目次へ] [←前へ][次へ→]
inserted by FC2 system