合志市栄のパソコン教室 SAKAEPC

ものづくりサポートCAD講座

3D組立図 アクリルロボット足・・・単品図から組立図作成

[進む↓]

3D単品図「足用軸受」作成

足用軸受(POMブッシュ)単品図 8003A-0002-00
詳細はコチラ↓から
足ASSY R,L 8003A-0100RL-01(部分)

 上図をトレースして、3Dの単品図を作成します。SketchUpを起動しましょう。

■ 円(外径、内径)

(1) Origin(原点)を「中心点」として半径2.5mmの円を作図(画面に対して小さな円が作図される)

 半径100mmの円を基準にテンプレートを作成しています。適宜、画面操作で画面表示の調整を行ってください。

(2) 同じく半径1mmの円を作図して、内側を消去

■ [Push/Pull(プッシュ/プル)]

面をクリックしてポインタを下方へ 移動→距離 .5(0.5)を入力

■ 円(外径)

Origin(原点)を「中心点」として半径2mmの円を作図

■ [Push/Pull(プッシュ/プル)]

面をクリックしてポインタを上方へ移動→距離2.5を入力

■ 名前を付けて保存

 グループ化したうえで、ここではフォルダ「akurirurobo」に、ファイル名「8003A-0002-00.skp」で保存しています。
[戻る↑][進む↓]

3D組立図「足ASSY R,L」作成
他のファイルからのコピー(カット)&ペースト

足組立図 8003A-0100R,L-00
詳細はコチラ↓から
足ASSY R,L 8003A-0100RL-01(部分)

「足」に「足用軸受」を圧入

■ コピー

 コピー元の「足 8003A-0001-01.skp」を開きます。
(1) 図形をアクティブにして[Copy]をクリック

■ 「貼り付け」

 貼り付け先の「足用軸受 8003A-0002-00.skp」をアクティブにします。
(2) [Paste]をクリック

 ここでは SketchUp を二つ起動しています。

コピーした図形がポインタに追従して移動→任意の場所に一旦貼り付け(配置

 続いて「移動」コマンドが実行されます。

■ 「X線」全体的に透明な面を使ってモデルを表示

 物陰の線が透けて見え、推定(スナップ)機能による点の収得に便利です。
 図では、移動の基点として、穴の底の中心点を取得しています。

[Origin(原点)]をクリック

■ 「Paint Bucket(ペイント)」

Materials(マテリアル)」→「Select(選択)」→「Colors(色)」

 ここではColor_D01で着色して、アクリル板の色を表現しています。

■ 名前を付けて保存

 二つの部品をグループ化したうえで、ここではフォルダ「akurirurobo」に、ファイル名「8003A-0100RL-00.skp」で保存しています。
[戻る↑]

合志市栄のパソコン教室 SAKAEPC ものづくりサポートCAD講座 [目次へ] [←前へ][次へ→]
inserted by FC2 system