合志市栄のパソコン教室 SAKAEPC

ものづくりサポートCAD講座

単品図 アクリルロボット足・・・3DSデータから3D単品図作成

[進む↓]

3DSデータのインポート SketchUp 8

 SketchUp 8 を起動してください。接線の3DSデータから外形を作図します。

■ インポート

[File(ファイル)]→[Import(インポート)]
「ファイルの場所(ここでは akurirurobo)」から、「ファイルの種類」を「3DS Files」→[8000A-0001-00.3ds]を[開く]

暫くの間、進行状況が表示される

ポインタに追従して図形(コンポーネント)が表示される

図の位置でクリック(配置)

■ 移動

[Move(移動)]がONになっている

■ 分解

図形の線上で右クリック→[Explode(分解)]

再度分解 線上で右クリック→[Explode(分解)]→四角い枠が無くなる

作図画面の縮尺を変更

寸法を測定して値(10)を入力

確認のダイアログ「モデルのサイズを変更しますか?」→[はい]


 全体表示しておきましょう。
[戻る↑][進む↓]

「接線」から「円弧」を作図

 円弧を作図して外形線をつなぎ、面を作成します。

■ 円弧

 二本の接線の端点を始点と終点する、円弧(接円)を作図しましょう。
(1) [Arc(円弧)] をクリック (2) 始点をクリック→赤色の円弧が仮表示される
(3) 「頂点で接する」と表示される点 をクリック

(4) 赤色の円弧が仮表示された状態で再度クリック→確定(線色黒、他が青いのは選択されたままのため)
仮表示が消えてしまったら、(1)からやり直す

 引き続き円弧を作図します。

 作図した円弧に続く円弧を作図します。

(1) 接点をクリック (2) 端点をクリック
(3) 水色の円弧が仮表示され、「頂点で接する」と表示される点 をクリック

外形線がつながり、面が確定される

■ 消しゴム

不要な線の上でドラッグして消去

全ての選択が解除される

■ エンティティ情報

 作図した円弧の半径を確認してみましょう。

 ここでは「選択コマンド(ショートカット [Spece])」実行中に操作しています。
線上で右クリック→「Entity Info(エンティティ情報)」

他も順次クリックして確認

■ 移動

[Move(移動)]ON 全選択[Ctrl] +[A]

円弧の中心「Center(中央)」でクリック
 見つけづらいときは、ビューボタンから[Top(平面図)]などの画面操作を行ってください。

「Origin(原点)」でクリック

■ モデル情報

 3DSインポート時に追加された不要アイテムを削除します。

ツールバーの[Model Info(モデル情報)]から[Statistics(統計)]→[Purge Unused(不要アイテムを完全に削除)]

「モデル情報」ダイアログを[×]ボタンで閉じる
 全体表示しておきましょう。

■ 名前を付けて保存

 ここではフォルダ「akurirurobo」に、ファイル名「8003A-0001-00.skp」で保存しています。
[戻る↑][進む↓]

3D単品図 足

 引き続き SketchUp 8 で、六足歩行アクリルロボット(三角板リンク機構タイプ)の「足」を作図します。 寸法はコチラから

■ 円(内径)

「原点」を中心とする半径2mmの円を作図して、内側を消去

■ メジャー(ガイドライン)

 長穴(2.2×13.2)を作図するためのガイドラインを引きます。
基準線をクリック→軸(色付矢印)方向で(クリック)数値入力(確定直後は再入力可)

■ 線

 ガイドラインの交点をつなぎます。

■ 円弧

作図した直線の端点をクリック→水色の円弧が意図する方向に表示されたら、もう一方の端点(「頂点で接する」と表示される) をクリック
水色の仮表示のまま再度クリック
意図する方向に表示されない、あるいはポインタを動かして仮表示が消えた場合は「半円」と表示される位置でクリック

穴の内側を右クリック→[Erase(消去)]

■ 消しゴム

ガイドラインの上でドラッグして消去

■ [Push/Pull(プッシュ/プル)]

面をクリックしてポインタを上方へ移動→距離2を入力

■ 選択(ショートカット [Spece])

 各コマンドの終了は、 [Spece]キーを押して選択コマンドにするのが簡便です。

■ 選択したオブジェクトを非表示(再表示)

 不要なエッジ表現を非表示にします。 計12ヶ所

■ マウスによる画面操作 [Zoom],[Orbit],[Pan]

 実行中のコマンドを中断することなく、画面操作が行えます。

[Zoom] ホイール手前回し(引き)で縮小、反対(寄り)で拡大
[Orbit] ホイールボタンドラッグで「オービット(アングル変更)」
[Pan] オービット中に左ボタン(または[Shift])を押す(押してる間)「パン(上下左右スクロール)」

ツールバーから画面操作 [Iso(等角図)],[Zoom Extents(全体表示)]

 軸方向を戻して、全体表示しておきます。

■ 名前を付けて保存

 グループ化したうえで、ここではフォルダ「akurirurobo」に、ファイル名「8003A-0001-01.skp」で保存しています。

■ 新規モデルを作成

 引き続き SketchUp 8 で、単品図を作成しましょう。
[New(新規)]をクリック→新規「Untitled(無題)」に切り替わる
[戻る↑]

合志市栄のパソコン教室 SAKAEPC ものづくりサポートCAD講座 [目次へ] [←前へ][次へ→]
inserted by FC2 system