合志市栄のパソコン教室 SAKAEPC

ものづくりサポートCAD講座

共通図面 アクリルロボット足・・・2D単品図作成と、接線の3DSデータ化

[進む↓]

多足歩行アクリルロボット用足の標準化

 タイプの異なるアクリルロボット間で、足の外形を同じにしています。

 画像をクリックすると外部サイトが開きます

「六足歩行アクリルロボット(三角板リンク機構タイプ)足」単品図 8003A-0001-01

《共通仕様》

● 足の軸芯から13mm上に、クランク(回転径10mm)の軸芯を置く
● 接地範囲は、他の足(位相差180°)と上下が入れ替わる角度内
● 足底部の形状を、接地範囲に合わせた円弧とする

足詳細」及び「足の動き詳細」図(外部サイト)参照

 上図から外形をトレースします。JWCADを起動しましょう。
[戻る↑][進む↓]

共通図面 アクリルロボット足「外形」2D

 ここでは「図面枠(a4sakaepc1-1.jww)」を開いています。

■ 「名前を付けて保存

開いてすぐに、別名(8000A-0001-00)でフォルダ「akurirurobo」に保存

■ 「線属性」の変更

 中心線を作図するため、現在の書込み線色(黒)・線種(実線)を変更しましょう。ここでは、「クロックメニュー(属性取得)」から行います。

 中心線の線属性に変更されました。
作図操作の途中でも実行可、書込みレイヤも取得される

■ 「複線」 前回値

「編集(1)」ツルーバーの[複線](元の線に平行な線をつくります)ON ショートカット[F]
コマンドに合わせてコントロールバーが変わり、「複線間隔」ボックスが入力待ちになる

(1) 「複線間隔」に数値「13」を入力(確定[Enter]不要)
「ステータスバー」に、場面に応じた“操作のヒント”が表示される
“複線にする図形を選択してください”“前回値 マウス(R)” 入力した値が“前回値”となる
(2) 基準とする線の上で右クリック、基準線に平行な線(複線)が、指定した間隔で仮表示される
“作図する方向を指示してください”
(3) ポインタを基準線より上へ移動、クリック

作図完了、「複線」コマンド継続

同様に 「複線間隔」5.5の複線を作図

■ 「円」 半径指定

「作図(1)ツールバー」の[○(円)](円を書く)ON
コマンドに合わせてコントロールバーが変わり、「半径」ボックスが入力待ちになる

(1) 「半径」に数値「5」もしくは計算式「10/2」を入力(確定[Enter]不要)
指定した半径の円が、ポインタに追従して仮表示され、 「ステータスバー」に、場面に応じた操作のヒントが表示される
(2) 図の位置で右クリック(交点を読取)

仮表示(半径・位置)確定、円の作図完了
「半径」ボックスが入力待ち状態(反転表示)になり、入力値を半径とする円が他のコマンドに移るまで仮表示される

 ホイールでズーム両ボタンクリックで位置合わせを行ってください。

■ 「線」 読取点を指示

[/(線)] ON、「コントロールバー[水平・垂直]」OFF

(1) 始点を指示 (2) 終点を指示、次の直線の始点を指示 (3) 終点を指示

 *「連線」コマンドでも同様の作図が行える

■ 「伸縮」

[伸縮(線伸縮)] (線を伸縮します)ON

(1) 線を指示 (2) 伸縮方向とおおよその位置を指示

■ 「線属性」 デフォルトに戻す

 外形線を描くため、書込み線色(黒)・線種(実線)に戻します。

[線属性(1)または(2)]ボタンを右クリック

■ 「円孤」 半径指定

[○(円)] ON、「コントロールバー[円弧]」ON 、「半径」入力
 初めに4Rの円弧を作図しています。
指定した半径の円が、ポインタに追従して仮表示され、 「ステータスバー」に、場面に応じた“操作のヒント”が表示される

“円位置を指示してください (L)free (R)Read”
(1) 円弧の中心点を指示 中心線(垂直線と一番上の水平線)の交点を右クリック(R)Read
“円弧の始点を指示してください (L)free (R)Read”
(2) 始点を指示 (L)free
“終点を指示してください (L)free (R)Read”
(3) 終点を指示 (L)free

仮表示(半径・位置)確定、円弧の作図完了
「半径」ボックスが入力待ち状態(反転表示)になり、入力値を半径とする円が他のコマンドに移るまで仮表示される
半径29を入力し、下の円弧を作図(1)'~(3)'

 作図した29Rの円弧に連続する、2Rの円弧を作図します。

(1) 目的の円弧の円位置(中心点)を求めるため、29Rの円弧の端点を中心とする2Rの円弧を描く
(1_1) “円位置(R)Read” (1_2) “始点(L)free” (1_3) “終点(L)free ” 

(2) 作図した2Rの円弧と中心線の交点を、円位置(中心点)とする2Rの円弧を描く
(2_1) “円位置(R)Read” (2_2) “始点(R)Read” (2_3) “終点(L)free ” 

[/(線)] ON、「コントロールバー[水平・垂直]」ON
 2Rの円弧と連続する水平線を引きます。

■ クロックメニュー「円1/4点」

 始点を指示します。

円弧の上部から上方向へ右ドラッグ→AM0時[鉛直・円1/4点]ではなす

右方向で終点を指示して、線の作図完了

[○(円)] ON、「コントロールバー[円弧]」ON
 作図した水平線に連続する、2.5Rの円弧を作図します。

(1) 目的の円弧の円位置(中心点)を求めるため、水平線と中心線の交点を中心とする2.5Rの円弧を描く
(1_1) “円位置(R)Read” (1_2) “始点(L)free” (1_3) “終点(L)free ” 

(2) 作図した2.5Rの円弧と中心線の交点を、円位置(中心点)とする2.5Rの円弧を描く
(2_1) “円位置(R)Read” (2_2) “始点(R)Read” (2_3) “終点(L)free ” 

■ 「接線」 点→円

[接線](接線を作図します) ON、「コントロールバー[点→円]」ON

(1) “点を指示(R)Read” (2) “円を指示”

[/(線)] ON
 軸芯周りの円弧の半径となる線を引きます。 

■ クロックメニュー「鉛直」

 作図済みの接線から軸芯に垂線を引きます。

(1) 線上で上方向へ右ドラッグ→AM0時[鉛直・円1/4点]ではなす“始点指示”
垂線がポインタに追従して仮表示される
(2) 軸芯(交点)を右クリック“終点指示”

■ 「円孤」 半径取得

[○(円)] ON、「コントロールバー[円弧]」ON、「半径」ボックスの値[Delete]
 作図した垂線を半径とする円弧を描きます。

(1) 軸芯(交点)を右クリック“中心点指示” (2) 垂線と接線の交点を右クリック“始点指示” (3) 図の位置でクリック“終点指示”

■ 「接線」 円→円

[接線](接線を作図します) ON、「コントロールバー[円→円]」ON
 円弧を接線でつなぎます。

(1) 一方の円弧の、意図する側をクリック“円指示” (2) もう一方の円弧の、意図する側をクリック“次の円指示”
(1)’ “円指示” (2)’ “次の円指示”

 ここまでを「外形」の作図とします。寸法記入も含め、表示を整える作業はここでは行っていません。

[戻る↑][進む↓]

3DSデータの作図

 3D図作成の準備をします。「二つのソフトを連携」参照

■ 「書込みレイヤ」変更

「レイヤバー」の番号を右クリック→「書込みレイヤ」となり、番号に赤丸が付く

■ 「レイヤ状態」変更

「レイヤバー」の[All]ボタンをクリック
「全て編集可能」からクリックごとに「書込みレイヤ以外非表示」→「書込みレイヤ以外表示のみ」→「全て編集可能」
右クリックで「全て編集可能」

図は書込みレイヤ[2]、状態:「書込みレイヤ以外表示のみ」

 書込みレイヤ[2]に接線をトレースします。

[/(線)] ON、「コントロールバー[水平・垂直]」OFF

 各円弧の両端に接線が必要(3D図作成時)です。二ヶ所書き加えましょう。

■ 「線」 線鉛直角度

 円弧の中心線を使って接線を引きます。

[/(線)] ON、メニューから [設定]→[角度取得]→[線鉛直角度]

(1) 下図において、円弧の中心線をクリック“基準線指示”→「傾」ボックスに値が表示される

■ 「線」 寸法指定

「寸」ボックスに値(3D図作成時に使用、ここでは10)を入力
(2) 中心線と円弧の交点を右クリック“始点指示”
(3) 方向を決めてクリック“終点指示”

同様にして、残りの接線を作図


 「上書き保存」しておきましょう。
 完成したファイルをコチラ→[8000A-0001-00.jww]に置いてあります。
[戻る↑][進む↓]

3DSデータの出力

 現在の書込みレイヤの図形をコピーしましょう。

■ 「範囲」 全選択

■ 「コピー」

 新しいファイルに貼り付けます。

■ 「新規作成」

■ 「貼り付け」

 用紙枠左下隅(3D図の原点)を目安に貼り付けます。

■ 「名前を付けて保存」

 同じ名前のdxfファイルとして保存し、3DSデータを同時出力しましょう。

(1) 「ファイル選択」ダイアログの プレビュー画面からサムネイルのファイル名をクリック
(2) 「ファイル名変更」ボックス内の文字列をドラッグ、コピー (3) [キャンセル]をクリック

(1) [新規]をクリック
(2) [新規作成]ダイアログの「名前」ボックスにコピーした文字列を貼り付け
(3) [保存形式]をdxf にする←「DXF書出し」 (4) [OK]をクリック

 JWCADを終了しましょう。完成した3dsファイルをコチラ→[8000A-0001-00.3ds]に置いてあります。

 3dsファイルを残し、dxf ファイルは削除しています。

[戻る↑]

合志市栄のパソコン教室 SAKAEPC ものづくりサポートCAD講座 [目次へ] [←前へ][次へ→]
inserted by FC2 system